2005年12月17日

4.熟練度のかからない魔力の関係する部分の検証

最大ダメ 
(魔力 * 3.3 + X + INT * 0.5) * 魔攻 / 100
最小ダメ 
(魔力 * 3.3 * 熟練度 * 0.9 + X + INT * 0.5) * 魔攻 / 100


上の式のXの部分について考察する。
まず、この部分は関係キャラパラメーターの内では魔力しか関係しない
しかし、上がり幅は一定ではなく、一次関数の簡単な式ではない。
というわけで、二次関数の式と考えてデータを入れてみた。

以下の数値は左からそれぞれ
X*魔攻/100 Maxダメ INT 魔力 魔攻 X/100 算出係数値
ここでのXは上記の式においては(X+INT*0.5)を表す
算出係数値は(X-INT*0.5)/魔力/魔力のことを表す。
1.8 15 20 20 20 0.09 -0.0025
2.62 31 20 43 20 0.131 0.001676582
4.1 47 20 65 20 0.205 0.002485207
9.2 95 20 65 40 0.23 0.003076923
15.2 101 51 65 40 0.38 0.00295858
18.2 104 65 65 40 0.455 0.003076923
717.32 2135 334 358 120 5.97766 0.003361058
726.32 2144 349 358 120 6.05266 0.003361058
897.52 2533 349 413 120 7.47933 0.003361885


二次関数の式とした場合の係数を、あり得る誤差と併記して抜き出す。
(最大ダメの真の値は小数点以下を含むので、+1未満の誤差が生じる)

算出係数値〜誤差範囲
-0.0025〜0.01
0.001676582〜0.004380746
0.002485207〜0.003668639
0.003076923〜0.003668639
0.00295858〜0.003550296
0.003076923〜0.003668639
0.003361058〜0.00336756
0.003361058〜0.00336756
0.003361885〜0.00336677


算出系数値と誤差範囲.png

図から分かるように、
算出係数値と誤差の範囲はある値へ収束しているように見える。
つまり、二次関数ではないかという推測は正しかったといえる。
最も収束しているのは0.003361885〜0.00336677の範囲である。
この範囲の内に真の値がある。
正確な値は分からないが、キリがいいので0.003365としておく。

というわけで、魔法ダメージの式がたった。

最大魔法ダメージ計算式
(魔力 * 3.3 + 魔力 * 魔力 * 0.003365 + INT * 0.5) * 魔攻 / 100
最小魔法ダメージ計算式
(魔力 * 3.3 * 熟練度 * 0.9 + 魔力 * 魔力 * 0.003365 + INT * 0.5) * 魔攻 / 100


とりあえず、この計算式は最初に述べた検証方法で行った
自分の持っている全てのデータにぴったり当てはまることを確認している。

親記事に戻る
posted by 安心 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | めいぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。